HOME > りんくるの特徴

りんくるの特徴

りんくるの特徴

りんくるの特徴

介護を必要とされる方へ、スポーツトレーナーとして培ってきた知識や経験で少しでもお役に立てたら……。
そんな想いでスタートした、フィットネスケア介護の「りんくる」も3年の月日を重ねました。

「りんくる」では、ご年配の方や体の不自由な方の自立をサポートするケア介護を行っています。
介護保険の「通所介護(デイサービス)」の適用を受けることができますので、ご利用に際しては要介護認定が必要となります。

脳梗塞の後遺症で麻痺が残ってしまった方、運動機能のリハビリに取り組まれている方など、「りんくる」はさまざまな方にご利用いただいております。
体を動かしやすくするストレッチ、体の機能を改善するトレーニングは、お一人おひとりに合わせた内容です。
動きや状態をきちんとプロの目で確認し、その上でメニューを組み立てるのでご安心いただけます。

ストレッチや運動・体操タイムの以外の時間は、リラックスしてのんびりお茶を楽しみながら仲間と和気あいあい過ごす、リフレッシュタイムを設けています。

選ばれる介護ケア りんくるの特長

ご利用される方とのコミュニケーションを重視して、楽しめるフィットネスケアを行います。
仲間と行うゲーム、道具を使ったリハビリ体操、プロがしっかり確認しながらのストレッチ、あるいはその方の状態に合わせた運動プログラムなど、目標により、その内容もバラエティ豊かです。

スポーツ生理学に基づいた独自のプログラムで、負担をより少なく、効果のより高いトレーニングを行っています。
ストレッチやトレーニングについては、その必要性や目標などをきちんとご理解いただくことで効果はより高まります。
わかりやすくご説明いたしますので、何でもお気軽にお尋ねください。

麻雀の日

麻雀の日

毎週木曜日の午後には麻雀のみのサービスも提供しております。
麻雀は介護予防として様々な意味を持っていると考えております。

・コミニュケーション
4人がテーブルを囲み会話などコミュニケーションを取りながら進む。

・頭を使うゲーム
136個の牌(34種類の牌が各4つ)、4人が手元に14牌で様々な役を組み合わせて
高い手を作りつつ上がりを目指す。自分の手元だけに気を取られると他の3人の誰かが
上がってしまうので、他の人の状況も読まなくてはならない。
4人が親を2回づつで清算するので、トータルでプラスになる様に計算をしながら進めなくてはならない。などなど、とにかく頭を使い続けるゲームの一つと言えるでしょう。

・指先を使う
手積み(全自動卓ではない)なので、始める(進める)ためには、毎回牌をかき混ぜ、裏向きにして各自が17枚を2段に積まなくてはならない。ゲームそのものの進行自体が小さな牌を指で摘み、持ってきたり、捨てたりします。とにかく指先を使い続けます。

このような要素を持ったゲームという事にも意味も意義もあると思いますが、何より好きな麻雀を、楽しみにして外に出て、喜んだり、残念がったりと感情が動いたりコントロールされる時間が出来る事は、介護予防として立派な一つの形であると考えています。

りんくるの特徴
りんくるの特徴
りんくるの特徴
りんくるの特徴
りんくるの特徴
りんくるの特徴
りんくるの特徴
りんくるの特徴
りんくるの特徴
デイサービス りんくる 044-711-2719 受付時間 平日 9:00~12:00/13:30~16:30 当施設までのアクセスはこちら